「ブックメーカー」とは?日本だと違法なのか?逮捕者はいるのか?

「そもそもブックメーカーって何?」

「ギャンブルなんだから、日本では違法なんじゃないの?」

「日本でブックメーカーを使って逮捕された人はいるの?」

ブックメーカーを始める前に知っておきたいことランキングの上位に入りそうな、これらの疑問…私もブックメーカーを始める前に、どうしても気になって調べました。

この記事で全部解説します!

「ブックメーカー」とは

「ブックメーカー」とは海外、主にヨーロッパに拠点を置く、政府公認の賭けの胴元のことです。主にスポーツの試合の勝敗を予想して賭けます。

胴元の「ブックメーカー」が提示したオッズ(掛け率)を見て、客は結果を予想してベット、お金を賭けます。

予想が的中した客には、オッズに応じた賞金が支払われる、というシンプルな仕組みです。

スポーツ賭博のようなものですが、政府の許可を得た企業が運営を行っており、海外では合法化された一般的なサービスです。スポーツ賭博ではなく「スポーツベッティング」といいます。

日本でも競馬や競艇、競輪は、政府の許可がある合法的なサービスですよね。

「ブックメーカー」が日本の競馬や競艇などと違うのは、実質的に運営しているのが政府ではなく、政府の許可を得た一企業だということです。

世界中のサッカーや野球、テニス、バスケットボールなど、様々な種類のスポーツが賭けの対象になります。日本プロ野球やJリーグの試合も賭けの対象になってますよ~!

スポーツ以外の賭けの対象

賭けの対象になっているのはスポーツだけではありません!

例えば…

  • クリスマスに雪が降るか
  • 次の大統領は誰が選ばれるか
  • ワールドカップがどこで開催されるか

といった、ユニークな賭けの内容もあります。

2016年アメリカ大統領選挙の「ブックメーカー」のオッズは、日本の大手ニュースサイトでも取り扱われました!

参考 米大統領選、主要賭けサイトのオッズは?東洋経済オンライン

そして、このサイトでは、その中でも日本語のサポートが手厚く、初心者向きのブックメーカー「NetBetスポーツ」の解説をしているというわけです。

厳しい審査に合格した企業だけ

ブックメーカーを運営するには、各国の政府から直接発行される「ライセンス」と呼ばれる許可証が必要です。

ライセンスを取得するには非常に厳しい審査に合格する必要があります。また、審査には非常に時間がかかります。

日本でも競馬や競艇は、政府の許可を得た企業が運営しています。だからこそ、安心して利用できると思いませんか?

ブックメーカーも同じで、政府の厳しい審査に合格した企業だからこそ信頼性が高く、安心して利用でき、利用者も集まりやすいのです。

そのため、ブックメーカーの運営会社は、社会的に信頼のおける企業であることがほとんどです。

ライセンスの取得に必要な資金を得るために、ロンドン証券取引所などに上場している会社もあります。

プロサッカーチームのスポンサーになっている企業もあります。

ブックメーカーのテレビCMも普通に流れてます。

イギリスでは日常的にブックメーカーが使われており、街中にはブックメーカーの店舗、窓口がたくさんあります。

もちろん、賭けをすることができます。

サッカーのプレミアリーグのチームのスタジアム内に、ブックメーカーの窓口が設置されているところもあります。

ブックメーカーは、そのくらい優良企業として信頼され、日常的に賭けが行われているんです。

還元率が非常に高い

ブックメーカーは還元率(ペイアウト率)が非常に高いギャンブルです。

「還元率」というのは、客が賭けた賭け金のうち、胴元が賞金として客に払い戻している割合のことです。

反対に、客に払い戻さず、胴元に入るお金の割合を「控除率」といいます。胴元の取り分ですね。

重要なのは還元率が高いギャンブルほど勝ちやすいということです。還元率の高さ=勝ちやすさと言ってもいいでしょう。

以下は、総務省の公式サイトで公開されている国営ギャンブルの還元率です。

参考 宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率総務省

宝くじの還元率は50%以下!サッカーくじ、いわゆる「toto」でさえ約50%です!半分以上は胴元が持っていってるわけですね。

では、ブックメーカーの還元率は…?

ブックメーカーの還元率は平均90%以上です。このサイトで解説しているブックメーカー「NetBetスポーツ」の還元率は96.63%です。

「え!?そんなに違うの!?」

はい、そんなに違います。日本のギャンブルの還元率の低さは、世界でも有名なんですよ。

還元率の高さ=勝ちやすさ!totoを買うのが馬鹿馬鹿しくなっちゃいますねw

ブックメーカーは日本だと違法なのか

結論から言えば、グレーゾーンだけど、逮捕される可能性は限りなくゼロに近いです。

まず、犯罪を構成する事実の一部が日本で行われれば、刑法が適用されることになります。日本に住んでるんだから当たり前ですね。そういう意味では、賭博罪が適用される可能性はゼロではないといえるでしょう。

ただ、賭博罪は胴元と参加者の両方を処罰する必要があります。

でも、胴元のブックメーカーは拠点の政府の許可を得て運営している、つまり、ブックメーカーは合法です。合法なので処罰できません。

参加者片方だけを処罰することはできないので、賭博罪を適用できません。ので、逮捕される可能性は限りなくゼロに近いというわけです。

国内利用者の逮捕者はいるのか

実際、日本国内のブックメーカー利用者の逮捕者は出ていません。

賭博罪は風紀に対する罪とされており、公然性の有無が関係しています。

自宅のパソコンからこっそり参加しても公然性がないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロです。

私の個人的な見解ではなく、弁護士が言ってることなので、信頼できる内容ですよ。

参考 五輪やノーベル賞も「賭け」の対象 「海外ブックメーカー」に日本から参加できる?弁護士ドットコム

まとめ

  • 「ブックメーカー」とは海外の、政府公認の賭けの胴元のこと
  • 日本だとグレーゾーンだけど、逮捕される可能性は限りなくゼロに近い
  • 日本国内のブックメーカー利用者の逮捕者はいない

現状、ブックメーカーを利用するリスクは、ほとんどないといえます。それどころか、ブックメーカーを正しく理解した人たちが利用し始め、参加者は増え続けています。

まぁ、日本の国営ギャンブルより、ずっと建設的ですからねw

当サイトでおすすめしている「NetBetスポーツ」については以下の記事をどうぞ!

このサイトってどんなサイトなの?